前へ
次へ

ロードサイドの土地活用は、商用利用も最適

土地活用は、土地のある場所によって、収益に対する効果に違いがあります。
ロードサイドは、車の交通量が多く、幹線道路などに沿った土地であり、商用目的として最適な立地条件でもあるのです。
この様な土地は、商業活動を行っている事業者が、事業を行いたい需要もあり、事業者に貸し出せる可能性も高くあるでしょう。
このロードサイドにある土地活用は、事業用定期借地で貸す方法と、リースバックによる方法が挙げられます。
事業用定期借地は、土地を貸し出し、建物は事業者に建ててもらう方法です。
リースバックは、建物を土地の地主が立て、土地と建物を一括で借り上げしてもらう方法です。
コンビニなどであれば、地主が経営する形になりますが、フランチャイズ契約であるため、経営のノウハウの指導を受けることができます。
広告などもフランチャイズ本店が行ってくれるものであり、人口が多い場所であれば、高い収益性を期待する事も出来るでしょう。
事業用定期借地の場合は、土地活用を求める方に経営のノウハウを必要としないため、事業者が見つかれば、安定した収入を確保しやすいメリットがあります。

Page Top