前へ
次へ

わずらわしさのない土地活用

使っていない土地活用を考えるとき、たとえば駐車場にするには立地が良くなければ成り立ちません。
アパートやマンションを建てるほどの広さもない場合、かと言って土地を遊ばせておくにも手間がかかりわずらわしいです。
農地にしておけば土地にかかる税金は最も安くて済みますが、畑として使わない場合雑草の手入れがたいへんです。
みっともなくないレベルに整えておくには、春先と夏前、さらに真夏にも数回草刈りが必要になるでしょう。
そう言ったわずらわしさがないのが、ソーラーパネル用の土地にすることです。
きちんと整地して雑草が生えてくることもなくなり手入れがいりませんし、そもそも中に入ることができなくなります。
駐車場もアパートやマンションもできない田舎の土地活用として、最近はソーラー用地にするのがたいへんはやっているようです。
パネルのメンテナンスにかかる費用など金銭面に関しては、業者によって違うのできちんと調べるのがオススメです。

Page Top