前へ
次へ

社会貢献に土地活用、保育園への活用について

現在、待機児童などの社会的な問題がニュースなどで取り上げられる中、自分自身の土地を社会貢献の一環として、保育園などへの土地活用を考えている方もいるかもしれません。
保育園を建てるための条件は、園児が45人以上確保できる条件、園児の数にあった園庭の広さの確保なども必要です。
この条件は、自冶体によっても多少違うかもしれませんが、条件を持ち合わせている場合がほとんどです。
保育園への土地活用の審査が通った場合は、補助金制度によって、建物の一部を補助してくれる場合があります。
保育園が足りない中で、国はより保育園を確保するために、保育園へ土地活用した場合、固定資産税と都市計画税が5年間免除される制度を始めました。
ただし、条件さえ揃っていれば、保育園としての認可が下りるわけではありません。
地域によっては、人口減少によって、園児の数が余りすぎている中で経営危機の場所もあるでしょう。
土地活用で保育園を考えている場合は、その土地のある自治体に問い合わせ、現状の把握をされると良いでしょう。

Page Top